治療器(温熱機)

logo-fujiryoki3ドクターマイクロ

専門家も使う治療法。それが超短波治療器。

病院や診療所でも使用される超短波治療器は、赤外線などの温熱療法では届きにくい身体の深部にまで、超短波(マイクロ波)エネルギーを透射できます。 身体にやさしい療法として広く使われており、温熱効果で血行を促進させ、コリや痛みをケアします。

パルス発信で、身体の深部へ効率的にエネルギーを届けます。

断続的に50W(ピーク値)の超短波(マイクロ波)エネルギーを照射するパルス発振で、身体の深部へエネルギーをしっかり届けます。 皮膚がチリチリする感じもほとんどなく、効率のよい治療が行えます。 超短波とは1秒間に数千万回も振動する電波の一種です。「ドクターマイクロ」の超短波(マイクロ波)は、通常の超短波の約100倍の振動(1秒間に約24億回振動=2450MHz)を起こして身体を温めます。

自在アームで、当てたいところにフィット。

自由自在に動くアームと、角度調整のできるアンテナで、身体にピッタリとフィット。体に密着させるから、超短波(マイクロ波)エネルギーが拡散せず、効率よく身体の深部に届きます。 利用法は、服の上から当てるだけと簡単。手軽に治療を行うことができます。 ※導電性の衣類を着用しての使用はできません。

家庭用超短波治療器の効能・効果

超短波による局所の温熱効果。(一般家庭で使用すること) ■胃腸の働きを活発にする ■血行を良くする ■筋肉の疲れをとる ■筋肉のコリをほぐす ■疲労回復 ■神経痛、筋肉痛の痛みの緩解

仕様

このページの先頭へ